税理士紹介

税理士/行政書士 池西 勝幸

 

 1943年道東(置戸町)生まれ。20代で税理士資格を取得し、30代で「池西勝幸税理士事務所」を開業。その後税理士法人を立ち上げる。関与クライアントは一般企業から医療法人・社会福祉法人などの特殊法人まで多岐にわたる。昨今では税理士業だけではなく、士業の会やクライアント同士がつながれるコミュニティ作りを率先して行うなど、【人情税理士】として多角的に活動を続ける。【口コミと紹介】を中心に法人の経営を続け、税理士業界50周年を迎えた。この度、『税理士法人アイリス会計』から『ITO税理士法人』と社名変更を経て現在に至る。

税理士 伊藤 準記

1987年札幌生まれ。北嶺高校、法政大学を卒業。中央大学 大学院を修了。20代で税理士資格を取得。東京都内の税理士法人に5年間勤務し、その後札幌にてITO税理士事務所を開業。若手起業家から全国に多数事業所を持つ大企業の税務顧問を経験。その経験顧問先数は100社を超える。主に中小企業の税務を中心とした経営アドバイザーとして従事。その他ベンチャーキャピタルからの資金調達に成功したスタートアップ企業の税務・経営支援も数多く行ってきた。税務支援だけではなく、経営・財務コンサルティング支援にも従事し、会社の成長支援に力を入れている。